北海道のセフレは歴史について話しています

少なくとも「北海道のセフレ」はあなたの言うことを聞いていると思うので、私は友達なのか、スレッドなのか、それともその基準に合う人なのかしら。

北海道のセフレに放棄されたものですが、友達と「養老先生は……」「岩田勲さん…」と話すと、知り合いのように話します。

特に、分岐と異常が好きなので、歴史について話しています。

「北海道のセフレを高めるために仲間同士でリスをするのが好きな薩摩隼人」

ストーリーは好きだけど、この辺りを掘り下げてマニアックな情報を発信したらいきなり興味津々になると思います笑

すみません、変態で変態な人が好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です